【勝手にランキング】計測器の校正を依頼するならこの企業

TOP > 計測器の校正情報 > 計量法で定める基準に適合

計量法で定める基準に適合

日本の法律に計量器の規準を定めた計量法があります、その目的と意義を見ていくこととします。私たちが生活をしていく上で、様々な計測器もしくは計量器を使う機会があります。各種の取引や証明をするために用いる計量器の安全性や適正を確保するために、各種基準を法律で定めています。それが計量法であり経済産業省が所管となっています。
計量法の目的は、計量に関する基準を定めて、適正な計量を行うことです。計量の基準と取り決めを規定することで、産業の発展に寄与していきます。

計量法で定められている特定計量器の概要を見ていきます。特定用途の計量器に対しては、法律上の規制が為されています。一定規準を満たしている場合のみに、利用できるものと限定していきます。
計量法で定める特定計量器とは、特定目的に使用されるものから選定され規制対象となっているものを指します。例えば、タクシーメーター、取引用もしくは家庭用の質量系、電子体温計など、社会生活を送っていく上で重要な役割を担っている計測器が対象となります。その他、水道や燃料のメーター、血圧計、電力メーターなども対象となります。
一般に計量器とは、長さや重さなど量を計測する装置ですが、それに加えて特定計量器に求められる要件は、構造及び器差が基準を満たしていることです。ちなみに器差とは計量器の許容される誤差のことです。対象となる計量器を取引や証明に使用するためには、行政が実施する検定に合格する必要があります。

特別に計量の基準を明示し、一定の要件に合格することを義務付けているものを特定計量器と呼び、一定の行政コストをかけて検定を実施しています。これは検定検査規則(省令)によって、技術的な規準への適合性を国及び都道府県が確認するための検査となります。
特定計量器は規制の対象となっており、検定に合格することで、一定基準を満たしているマークを付すことができます。このマークは検定証印と呼ばれ、検査に合格した計量器であることを明示及び証明するものとなります。
また、取引や証明に特定計量器を用いる場合には、検定証印が付されたものを使用しなければなりません。信頼のおける安全な取引を行うためにも、検定証印の存在は大変意義あるものであると言えます。仮にこの取り決めに違反した場合は、罰則ありますので注意が必要です。
違反に対する罰則は、6ヶ月以下の懲役もしくは50万円以下の罰金が課されるものとされています。

次の記事へ