【勝手にランキング】計測器の校正を依頼するならこの企業

TOP > 計測器の校正情報 > 計測器は校正を定期的に行うことが必要です

計測器は校正を定期的に行うことが必要です

国内においては多くの商品を製造する会社がありまして、ここでは製造する工程内において定期的に寸法や形状などを確認して品質が安定しているかをチェックしています。
そしてこれらの測定を行う各種計測器についても、定期的にマスターなどを用いて正しく測定できる状態であるかを確認する必要があります。
これは校正と呼ばれるもので、社内でマスターを購入して管理を行い対応するケースに加えて、社外の校正業者に依頼して実施してもらうことがあります。
保有している計測器の数が多い場合ですと、外部に委託する際に多くの費用が必要となりますので自前化を行うケースが増えてきます。
そして社外の業者に依頼する場合には、対応納期であるとか料金設定なども比較しながら検討を進めてゆくことが大切です。
この際には比較サイトなどの活用がお勧めです。



計測器の校正を定期的に行う事が大切

国内には製造業が多く有りますが、これは例えば食品を始めとしまして衣服や電化製品など非常に幅広い商品を作っています。
これらの各種商品の製造においては、決められた品質を満たしているか各種計測器を用いて確認を行います。
これは例えば寸法形状や重量など様々な内容となっています。
そしてこれらの計測器自体も基準器などを用いて定期的に校正を行う事が必要です。
これは計測器は使用する頻度などによって摩耗や劣化が進行して正しい値を示さなくなる可能性が有るからです。
これらの校正は社内で行う場合と社外対応するケースに別れますが、保有している台数が多い場合においては、自社で実施できる様にしているケースが多く有ります。
また社外に校正を依頼する場合には、対応納期であるとか料金設定などを複数業者で比較して検討を行う事が大切です。



計測器の校正は定期的に行う事が大切

国内においては多くの商品を製造していまして、これは例えば食品や日用雑貨そして電化製品など生活に密着した商品が有ります。
これらの商品の製造に際しては、寸法や重量などを定期的に計測器で測定しながら、要求品質を満たしているかを確認しています。
これらの計測に使用する各種計測器は定期的に校正を行う事が必要です。
これは計測器を使用し続けて行きますと、測定部分が摩耗する事や或いは測定機構が劣化するなどして正しい値が表示されなくなるケースが有るからです。
校正の際には正確な値を示す基準器を用いて実際に測定を行い、同じような値が表示されるかを確認します。
この様な校正を定期的に行う事で正しい測定を実施出来ている事を立証する事が可能となります。
これは社内で対応する事や社外の専門機関に依頼するケースに大きく別れます。

次の記事へ