【勝手にランキング】計測器の校正を依頼するならこの企業

TOP > 計測器の校正情報 > 計測器の校正を定期的に行う事が大切です

計測器の校正を定期的に行う事が大切です

国内には多くの会社が有りますが、ここでは様々な材料を用いて加工を行い製品を作り出して販売を行っています。
製造工程においては、求められる品質が満足できているかを定期的に確認しながら製造しています。
これは例えば寸法や重さなどを計測器を用いて部品や製品を測定して出来栄え確認を行い、要求されるスペックを満足しているかを保証しています。
またこれらの計測器で測定した値自体が正しいかも定期的に校正を行い確認する事が大切です。
これは計測している装置の機能が低下する事や、或いは動作が正常でなくなりますと、正しく測定できずに誤った判断を行う事になるからです。
また計測器の測定値を装置の加工条件などにフィードバックする場合には、誤った調整を行ってしまい品質が確保出来ない状態を作り出す事も有りますので注意が必要です。



計測器の校正を定期的に実施する事が大切

製造業では多くの製品を開発して製造販売を行っています。
そしてこれらの製品を作る際には様々な加工を行うなどして所定の寸法や形状を作り出しています。
また組立ての後には、製品の機能を検査して問題無いかの確認も行っています。
これらの際には各種計測器を用いて対応しますが、計測自体に問題ないかを定期的に確認する事が大切です。
これは計測器の校正を実施して対応しますが、例えば寸法を計測する際の装置について、基準器を用いて測定を行い同じ値が出るかを確認します。
これらの計測器の校正は、一定の技能を保有した方が行う必要が有りますし、また基準器などもきちんと管理する事が求められてきます。
これらの校正は設備台数の多い場合には社内にて実施する事となりますし、また少ない場合には外部の専門機関に依頼して対応する事も多く有ります。



計測器を校正して装置の状態を確認する

世の中では様々な計測を行っていまして、これは例えば商品の重さを測って販売している場合には重量計を用いて計測を行い値段を算出します。
また商品の寸法測定を行い料金を出すケースも有ります。
これらの各種計測器は一定期間毎に校正を実施する必要が有ります。
これは計測装置自体が正常に機能しているかを一定期間毎に確認して、正しく使用出来る事の証を行う必要が有るからです。
計測器は繰り返し測定や使用頻度が多い場合などに測定部が摩耗する事や、或いは装置の機構が上手く作動しなくなる事も有ります。
そして計測器を多く保有している場合などは、自社内で対応するケースが多くなり、また少ない場合には社外の専門業者に校正依頼を行って対応します。
自社で校正を実施できますと、何時でも必要な特にスピーディーに対応を行う事が可能となります。

次の記事へ