【勝手にランキング】計測器の校正を依頼するならこの企業

TOP > 計測器の校正情報 > 計測器の校正は正しくしっかり行いましょう

計測器の校正は正しくしっかり行いましょう

 色々なものをしっかりと計測してくれる計測器には計測するにあたって正確な値を出すことが最重要と言えます。しかしながら使用しているうちに劣化や使用頻度によって多少のズレや誤差が生じる事も否めません。誤差やズレは計測をする機器にとって重大な問題です。そこで企業や施設によっては定期的なチェックを行って常に正しい値を計測する事が出来るように万全を期すことが要求されています。
 計測がきちんと行われるようにするために行うキャリブレーションの事を校正といいますが、これは国家基準、産業標準といったスタンダードがあり、それに則って実施する事が大切です。標準や基準を良くわきまえた検定場でしっかり計測器の校正を行う事で常に正しい値が計測できる機器を保つ事ができますから、できれば年に1度は機器のお手入れと長く使用するためのメインテナンスとしてケアするようにしましょう。


 計測器の校正で得られるものは何か

 計測器の精度・機能・動作の状態そのものを確認することを校正と言います。または計測器の器差を知ることが出来ます。精度や機能がアップするわけではなく、将来の状態を保証するものでもありません。また、修理やメンテナンスとも違います。ちょっと難しいですね。校正は一定の周期で定期的に行うのが原則です。なぜ行う必要があるのか、それは過去に遡り、機器の状態を推定する事が第一義的な目的です。
 判定基準に適している事を「校正作業」で確認することで、製品の品質が計画したとおりであることを間接的に立証しているます。これを定期的に行わなかったり、期間を延長すると製品保証がデータ的にできなくなりますし、製品が正常であるそづけ、根拠が必要となります。周期(期間)を延ばした分だけ過去に遡って保証が出来なくなる問題が発生します。


 計測器を校正することが必要な理由に関して

 計測器の校正と言いますのは、測定に関する結果に対しての信用性を保証するどうしても必要な作業です。これは、元を正せば機器を採用したときに頭に置いていた限度の数値の範囲内に測定の数値そのものが収まって、確かであることの信用を与えるための必要な作業といえます。
 活用している機器は、周期的に校正を行うことを通して、適正に反応し、元々の性能を発揮させることが実現可能です。間違えた判定自体が下されると、クライアントに対して差し支えが出る商品を出荷することになり、クオリティーに関しての信頼性を失いかねません。不正確な判定が下されると、出荷する量が減少し、作業の手直しのための費用がかさみ、廃棄する処分の量が増えます。一定間隔で校正を行うことにより、機器を最も適した状態にキープし、設計、或いは製造などの必要な作業を円滑に進めることが実現できます。

次の記事へ