【勝手にランキング】計測器の校正を依頼するならこの企業

TOP > 計測器の校正情報 > 計測器の校正は定期的に行う必要があります

計測器の校正は定期的に行う必要があります

計測器の校正は標準器を使って、計測器が表示する値に間違いがないかを求めます。
計測する器機は経年劣化等により誤差が生じることが多くあります。
機器を常時使用していて、定期的に校正する場合は、周期をあらかじめ決めて、それに従って行います。
これを「校正周期」といい、周期の決定はメーカーの推奨基準とすることが一般的です。
定期的に行うことにより機器の信頼性を維持し、日々の品質管理を大切することができます。
依頼する会社に機器を届けて正常に終われば、実施したこと等を証明するラベルが機器に張られます。
また証明書も発行されます。
証明書には実施した項目や方法、実施した年月日、結果などが記載されています。
現在は信頼できるサービスが受けられる会社は多くあり、機器を会社に渡せば、通常は数日から数週間で終了し、機器が手元に届きます。



計測器の校正はお金が掛かります

酸素濃度計や半導体製造装置のガス流量計(一般的にはマスフローコントローラと呼ばれます)などの計測器は使っている内に計測値にずれが生じてきます。
そのため、1年毎や3年毎などの周期で校正を行い、ずれを無くすという作業をする必要があります。
この校正は自分で出来ることもあるのですが、ほとんどの場合には専用の道具が必要なのでメーカーにお願いすることになります。
メーカーに送れば、校正機を使って購入したときと同じ状態にして、しっかりと動作をすることをテストまでしてくれます。
人件費や作業費用としてお金を払う必要がありますが、ずれがあるまま使用をすると、命に危険が及んだり、作られる製品にも影響が出てしまうので、ケチらずにメンテナンスを行ってもらいましょう。
作業費用によっては買い直したほうが安いこともありますので検討が必要です。



計測器に関して校正を行う必要性

校正の必要性に関しては、ISO9001の望むレベルをクリアしているという目的にとどまらず、製品のクオリティや仕様の保持保全のためにも入用になるものと言えます。
計測器につきましては経年変化等によって誤差がもたらされることが起こります。
そうした誤差そのものが測定精度に影響を及ぼさないことをチェックするために求められることになります。
ISOにおいては校正周期つまり、有効期限自体は義務付けられてはいません。
しかしながら、校正と言いますのは、一定サイクルで行うのが原理原則です。
周期的に実施することにより、期間中の計測機器の状況を実証することが出来ます。
計測器によって検査されそれから、基準に適している事をチェックすることで、あらためていうまでもなく、クォリティーが確保されたことを間接的に実証している訳です。

次の記事へ