【勝手にランキング】計測器の校正を依頼するならこの企業

TOP > 計測器の校正情報 > 計測器の校正は定期的に行う事が必要です

計測器の校正は定期的に行う事が必要です

製造業では加工設備を用いるなどして部品を削ったりしながら求められる寸法にしています。
そしてこれらの寸法などは計測器を用いて測定を行いますが、これらの機器は正しい値が測定出来ているかを確認する必要が有ります。
例えば計測器を頻繁に使用しますと、測定部位や測定機構が劣化や摩耗して正しい値が測定できなくなるケースが有るからです。
そこで定期的に校正を行う必要が有ります。
これはトレーサビリティの確保された基準器などを用いて、正しい値が測定できる様になっているかを確認する事です。
これらの校正は多くの計測器を保有している場合には、納期対応やコストの関係で自社内にて対応する事となりますし、また保有台数が少ない場合には社外の校正機関に依頼します。
これらの取組みは良い品質の品物を継続的に作る上でとても大切なポイントです。



計測器の校正は定期的に行う事が大切です

国内には多くの製造業の会社が有りまして、ここでは様々な材料を用いて加工を行っています。
そして加工後の部品は計測器を用いて寸法や形状などを定期的に測定して品質に問題ないかを確認しています。
これらの各種装置は定期的に校正を行って精度に問題が無いか標準器を用いて確認を実施する必要が有ります。
これは例えば寸法を計測する場合ですと、トレーサビリティの確保された基準器を用いて計測器で寸法測定を行い、同じ値が得られるかを確認します。
計測器は使用を続けて行きますと測定部位が摩耗してくる事や、機器の内部が劣化するなどして測定値にずれが発生する事が有ります。
そこで定期的に校正を行って本当に正しい値が計測出来ているかを確認して行く事が必要です。
この校正作業は社内対応する事や社外の専門機関に依頼するケースがあります。



計測器の校正を専門業者に依頼する

国内の主要産業としまして製造業が有ります。
ここでは様々な加工を行って部品を製造し、多くの部品を組立てて製品を作っています。
これらの製品は計測器を用いて検査を行い、要求される品質が満たされているかを確認しています。
これらの計測器は寸法や重さ、そして通電状態など様々な内容を計測しますが、装置自体が正しく計測しているかも定期的に確認する必要が有ります。
これは校正を行う事で対応していまして、例えば寸法ですと基準器と呼ばれる一定寸法の保証された物を使用して計測を行い、一定の範囲内の値が計測できるかを確認します。
これらの基準器の保有や管理などを行う際には費用が必要となりますので、専門業者に依頼して対応するケースも多く有ります。
そして依頼する業者選定の際には納期や費用などで複数の業者を比較検討する事が大切です。

次の記事へ