【勝手にランキング】計測器の校正を依頼するならこの企業

TOP > 計測器の校正情報 > 計測器の校正で測定の確からしさを確認

計測器の校正で測定の確からしさを確認

国内では製造業において多くの商品を製造しており、例えば食品や日用品などが挙げられます。
これらの商品は決められた大きさや重さで製造されていまして同じ品質を確保しています。
そして製造工程においては定期的に商品の寸法など出来栄えを測定していますが、これらの計測器は一定期間毎に校正を行って正しい値であるかを確認する事が求められます。
これは計測器を用いて測定を繰返しますと、測定部分の摩耗が進行したり、或いは測定する機構が劣化して行く事が有るからです。
そしてこれらの計測器の校正に際しては、基準器を揃える事や、作業を行う為の室内環境や専門作業者の整備なども必要となって来ます。
そこで校正を外部の業者に依頼するケースも少なくありません。
利用する業者を選定する際には、比較サイトなどを活用して対応する事がお勧めです。



計測器の校正を定期的に実施するなら

国内には製造業において様々な商品を作り販売を行っています。
これは例えばですが食料品を始めとしまして、日用雑貨などが有ります。
これらの製造に際しては、工程内において寸法や重量などの計測を行って、一定の品質が保たれているかを確認しています。
また計測に使用する計測器が正しく測定出来ているかを定期的に確認する事も必要となります。
これは基準器などを用いて計測器の校正を実施してゆく事となります。
この校正にはトレーサビリティの取れた基準器の管理に加えて、測定環境の整備に加えて一定の技能を持つ作業者の確保など社内対応が難しい場合もあります。
この際には外部の業者に依頼して対応するケースも有ります。
外部業者は国内に複数の期間が有りまして、対応納期であるとか料金設定、また出張対応の可否などで希望に合致する業者を選定して行く事が大切です。



計測器の校正を外部の業者に依頼する

国内では様々な商品を製造して販売を行っていますが、これは日用雑貨をはじめ電化製品など多くの商品が有ります。
これらの商品は要求される性能を確保しているか製造工程内で計測を行いながら管理を実施しています。
これは例えば寸法や形状そして電気特性など様々な項目が有ります。
そして計測器自体が正常に機能しているかも定期的に確認を行う必要が有ります。
これは校正と呼ばれていまして、基準となる寸法や重さなどを用いて実際に計測を行い、正しい値が示されるかを検証する内容です。
企業では校正対象となる計測器を多く保有している場合などには、自社で実施できる様に基準器や測定室などを整備して管理を行います。
また保有台数が少ない場合は外部の業者に依頼する事となります。
この際には納期や費用などを複数業者で比較検討する事が必要です。

次の記事へ